お問い合わせありがとうござます。

クイック・レリーズレバーの使い方Vol.2

スポーツ用の自転車には工具を使わずに調節できる仕組みになっている箇所があります。 ここではまず、クイック・レリーズレバー(通称QR、クイックレバー)の使われている車軸とサドルの高さを調節するシートピラーについての説明です。 クイックレバーはカム機構により最後の締め付けを行うので、ネジ部は単に調節の為のものです。クイックレバーでネジを回して最後まで締め付ける使い方は間違った使い方です。

m13車輪の脱着にもクイックが使われています。 前輪(ディスクブレーキ)の場合はまず、クイックレバーを緩め、フロントフォークの爪からはずれるまでシャフトのネジを緩めます。

m8

m11取り付けの場合は逆の順序ですが、ディスクブレーキのキャリパーのセンターにローターが入るように注意しながら入れてください。

m12ローターにつかえているとフロントフォークの爪に入りません。

m13クイックのシャフトのネジはレバーを水平にした時に動かなくなるまで締め込んで下さい。

m14親指の腹でレバーを内側に倒します。フロントフォークのラインより内側に入るまでは押し込んでください。 また、親指の腹にレバーの痕がつくくらいの強さでしっかりと締めてください。硬すぎたり柔らかすぎたりした時はもう一度シャフトのネジを四分の一回転ずつ調節して締めます。 慣れた方でも、普通に2~3回の調節は必要です。

m15最後に車輪がフレームのセンターについているかどうかと、ブレーキがちゃんときくかどうかを点検してください。

  • 営業日カレンダー

    « 2018年12月»
    252627282930
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    12345
    • 赤色が休業日となります。
    • 予約済