お問い合わせありがとうござます。

ワイヤー式ブレーキの簡単な調整法

ワイヤー式ブレーキの簡単な調整法41

まずロックナットを緩めます。

ワイヤー式ブレーキの簡単な調整法02

アジャスターを時計と反対周りに回して調節します。
この時回しすぎないように注意します。ネジがブレーキ本体からはずれてしまうような時はブレーキシューが減ってないか点検します。

ワイヤー式ブレーキの簡単な調整法03
このボルトでハンドルを固定しているわけではありません。ヘッドのガタの調節のためですので、くれぐれも締めすぎないようにしてください。
軽く締めて手ごたえがあるところから半回転以上まわすと締めすぎです。

ワイヤーワイヤー式ブレーキの簡単な調整法04

ブレーキをかけながらレバーのストロークの半分ぐらいで硬くなるように調節し、ロックナットを締めてアジャスターを固定します。 握りしろが大きくグリップにレバーがあたってしまう時はブレーキシューが減っていないか点検してください。
最後にロックナットを締めてアジャスターを固定します。
  • 営業日カレンダー

    « 2018年12月»
    252627282930
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    12345
    • 赤色が休業日となります。
    • 予約済