お問い合わせありがとうござます。

Vブレーキのケーブルの外し方、入れ方

マウンテンバイクなどに使われている、Vブレーキやカンチ式ブレーキの場合車輪を外す前に、ブレーキ本体を広げてタイヤにシューがあたらないようにする必要があります。
ロードレーサーの場合もアーチをまず広げる必要があります。 車輪をつけた後必ずブレーキがきくかどうかを確認してください。 ここではVブレーキのケーブルの外し方、入れ方について説明します。
Vブレーキのケーブルの外し方、入れ方 01

ケーブルのガイドを外側に引っ張り、Vブレーキの本体を車輪のリムへ押付けて受けからガイドを外す。

Vブレーキのケーブルの外し方、入れ方 02
入れるときは逆の手順でガイドを受けにはめる。

Vブレーキのケーブルの外し方、入れ方 03
最後にキャップをはめてブレーキのききを点検する。
ガイドがしっかり受けに入っていなかったり、ケーブルのアウターワイヤーがレバーの受けから外れていると、ブレーキが硬くなったりガイドそのものが入らないので注意。

Vブレーキのケーブルの外し方、入れ方 04

  • 営業日カレンダー

    « 2018年12月»
    252627282930
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    12345
    • 赤色が休業日となります。
    • 予約済