奥隆三郎の勝利への道

2014年9月7日(日)やつおロードレース

先頭を引く自分
※写真はTeamしょうみょうから拝借しました

昨年は台風の影響で天候が不安定で大会は中止されましたが、今回は快晴で無事大会が開催されました。

大会関係者から今年でやつおロードレースがなくなるという情報を聞いていて、自分が初めて出場したレースで初優勝を飾ったのがこのやつおロードレースであったためだけに何としても優勝したい、という思いがありました。

レース当日は早めに会場入りし、知り合いに挨拶を済ませた後に朝食を食べながら準備を進め、アップ後にコースをゆっくり1周走りました。

事前にコースを下見していたのと、過去に走ったことがあったのでところどころで注意しつつ確認しながら走りました。

正直なところ、今年に入ってから思ったよりも練習ができておらず、優勝以前に完走できるかどうか、またレース中に足が攣るかもしれないという不安がありました。

なんだかんだしているうちにレースが始まりましたが、スタート時点でのポジションが思ったよりも後ろだったので早めに前に出て行けるように努めました。思ったよりも早くトップに辿り着くことができたのは先頭のペースが少し遅かったためだと思いました。

また、スタート後にはすぐに微登り区間がありましたがここではだれも無理をせず、寧ろ遅すぎるぐらいのペースでした。全体を通してコースの前半は道が細いので周りと一定の距離を置いて無理・無駄のない走りを心掛けました。

後半は前半と比べて道路の幅が2倍ほどにもなるためアタックする人もちらほらいましたが、特に追走する人もおらず自然と集団で吸収していきました。レースは淡々と周回を重ね、気がづいたらもう4周目でした。ここまでくると集団の人数も少しは減りましたが、大きな逃げもなかっただけに思っていたよりもまだ人数は残っていました。

そこで自分は集団よりも少し先に行った3人に声をかけて自分を含めた4人で逃げることを提案しました。実力は同じぐらいだったと思うので4人で上手くローテーションしながら走りましたがそれでも集団から逃げ切ることはできませんでした。

結局5周目の後半で集団に追い着かれ、逃げの際にただ無駄に体力を消耗しただけでした。そして困ったことにここぞというところで右足の脹脛が攣りました。物凄く痛かったですがなんとか我慢しながら走りました。足の痛みが少し治まったところでゴールはもう残り1kmを切っていました。

このコースの特徴としてゴールの500mぐらい手前に微登り区間があり、自分はここで最後の逃げに出ました。

上手いタイミングで集団から逃げ出して得意な登りで周りと差を広げることができました。

しかし、微登り後のゴール前の平坦では足が限界に来ていて2位、3位にもう少しで抜かれそうになりましたがなんとか優勝することができました。

ゴール後は思わず左腕を挙げてガッツポーズをしました。

今回のレースでは家族が応援に来られませんでしたが、それでも知り合いの方から力強い声援を受けて一生懸命走ることができました。

今年はもうレースがないのでこれからは来年に向けてより一層練習に励んでいきたいと思います。これからも応援をどうぞよろしくお願いします。

(本人のレポートより)

日付 2014年9月7日(日)
天候 晴れ
気温
全長 41.0km
カテゴリー マスドロード5周
スタート時間 8:00
順位 優勝
タイム 1:09’00”69
レース公式サイト こちらをクリック
  • 営業日カレンダー

    « 2019年7月»
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    123
    • 赤色が休業日となります。
    • 予約済